FC2ブログ

垂れ流し式

キミのハートにレヴォリューションッ☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やったね伊達ちゃん!! ギルドカードが増えたよッ!!

横浜の自力優勝が消滅したようです。
オリゼーです。

いや、でもね去年は5月中に消滅だったから頑張ったよね。うん。
とは言っても五連敗かー……頑張ってもらいたいものです。
いきなり優勝とか高級食材すぎてお腹壊しちゃうからね!!
来年は7月、再来年は8月とそして最終的には優勝するっていう手順で行きましょう。

さて、今日は以前やったレッスル×モンハンの続編をテラテラ書いてみました。
続きを読むからお願いします。
また、そのうち駄文の方へとサルベージするかもしれませんけれども。

やぁ久しぶりにモンハンP2Gやったんですよ。
勿論一人で……一人……ひと……ひぐ……っ……ぐすん……

やっぱりランスと弓が楽しいなぁって思いました。


 数多のモンスターハンターが集まる村ポッケ村。

 これから先いくつもの物語がこの村から生まれていく事になる。

 これはそのモンスターハンター達が繰り広げる物語のほんの一部分である。

 (BGM:モンスターハンターOP)

 山奥深く雪の積もるポッケ村。
 その山から下りて少し離れると高地の寒さが懐かしいと思えるほどの暑さが肌を焼く灼熱の砂漠が広がっている。
 ポッケ村を拠点にそこもまたハンター達の狩場であった。


―――ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ。

 それは地鳴り、砂塵を巻き上げながら丘のような膨らみが広大な砂漠を駆け抜ける。
 その丘の向かう先、そこには一人の少女が身の丈よりも長い刀を片手に立ちはだかっていた。

「……きた」

 片手に刀、そしてもう片方の手でクーラードリンクをポーチから取り出した少女は、そのクーラードリンクを一気に喉の奥へと流し込み乱暴に空瓶を投げ捨てれば、目の前に迫るその丘を避けるように横へとその身を転がした瞬間。

―――ゴォォォオオオオッ!!

 けたたましい雄叫びと共に丘のような膨らみから飛び出したるは、砂漠に生息するなかでも残忍で狡猾、どのモンスターよりもプライドの高いディアブロス。
 ディアブロスと少女は既に長い間戦い続けていたのだろう、ディアブロス自慢の二本角の片方は根元から鋭利な刃物で切断されその切り口を覗かせる。
 また、硬い皮膚を持つディアブロスの体は所々斬り傷が見て取れ追い詰められているというのは一目見れば明らかであった。

「はぁぁぁぁぁ―――ッ!!」

 飛び出したディアブロスが四つの足で大地を踏みしめた瞬間、少女が刀を両手で握り刃を返せば足場の悪い砂漠だというのに、物凄い勢いで走り出す。

―――グオオオォォォッ!!

 ディアブロスもまたその少女を視界に捉えれば、幾度か大地を空蹴りして見せると一直線に少女へと駆け出した。

 そして、モンスターの前では小人のような人間と残忍で巨大なモンスターが交差する。

 一時の静寂、少女とディアブロスはすれ違った後はピクリとも動く事は無かった。
 が、ディアブロスの残された一本の角に亀裂が入ればその角が砂漠へ落ちて地面へと突き刺さる。

―――ゴアアアアアッ!!

 雄叫びと言うには少々苦しさ交じりの大きな鳴き声を上げたディアブロスが前足を持ち上げその身を大きく震わせると、持ち上げた前足を器用に使い地中へと潜り始めた。
 それは、目の前の少女から逃げる為、自らのプライドをズタズタに引き裂いたその少女に恐怖を覚え逃げる為。

「……ごめん。でも、逃がさない……」

 少女がポーチから素早く取り出したのは音爆弾。
 怪鳥と呼ばれるモンスターの持つ鳴き袋を元に作られたその爆弾は、人間には聞こえぬ超音波を発し、モンスターの鼓膜を破壊する代物で、ディアブロスがたとえ地中に逃げようとその音は地面へと浸透しディアブロスの鼓膜を劈いた。

―――アギャァアッ!! ギャァァアアアッ!?

 たまらず上半身だけを地上に飛び出させたディアブロスが苦しみもがく。

「これで……終わりに……するから……」

 そんなディアブロスの前に立った少女が握る刀を真横に一閃。
 ディアブロスの鳴き声がピタリと止まれば、それはゆっくりと、至極ゆっくりとディアブロスの首と胴がずれ始め首が重々しい音を立てて地面へ落ちると、遅れて夥しい量の血を噴出した。

「ハァ……ハァ……私とした事がクーラードリンクを忘れてしまうとは……」

 砂漠の遠い所から現れた人影、恐らく少女と共にディアブロスを狩りに来たハンターであろう。
 しかし事は既に少女の手によって終わっていた―――

<目標を討伐しました。村へ帰還します>

―――
――


「や、やりましたね……越……後さん……ディアブロス……倒せた……」

 テーブルにPSPを置いた伊達がそう言って恥かしそうに俯いた。

「あ……いや、手伝ってくれたのは有難いのだけれど、私……何もしていないんだが……と言うより、ディアブロスの姿すら見ていない……ぞ?」

「……あぅ」

 伊達の苦悩はまだまだ続きそうである。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

えーっと…おおっ!
オリゼーしゃん! 今期は100敗しないペースだよ!
成長してるって! やったね、オリゼーしゃん!!
阪神倒して最下位脱出したら横浜の実質勝利だってばさ!!!

  • 2009/06/05(金) 05:13:45 |
  • URL |
  • 2号 #yWLg4BnU
  • [ 編集 ]

コメントレス

2号さん
でしょ? だよね? 頑張ってるよね?
今の戦力で好成績は望まない
けれど今の戦力でやれる事を精一杯やってる気はします。
今年阪神はカーネルの封印を解いて引き上げてしまったが故に
本当の意味でのカーネルの呪いが効いているようなので
いけそうな気がする!! 今の所は!!

  • 2009/06/05(金) 21:20:08 |
  • URL |
  • オリゼー #bM4TJFTs
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。