FC2ブログ

垂れ流し式

キミのハートにレヴォリューションッ☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A.オリゼーの手記

これは後に横浜ベイスターズ優勝という快挙を成し遂げるはずのメンバーの一人。
助っ人外国人A.オリゼーの手記である。

○月○日
私の夢はMLBで活躍する事だ。
しかし、それはMLBの舞台に上がる事を夢見る多くのベースボーラーの中の一人の夢でしか無く現実は厳しいものだった。
MLBに所属するチームのほとんどといって良い数の入団テストを受けたが
私を必要とするようなチームは一つも現れなかった。
家で待つ妻や息子になんと言っていいのか、まったくもって合わせる顔が無い……。

○月×日
いつものように畑仕事に打ち込む。
畑仕事ばかりやっているおかげで下半身には自信があり、ピッチャーの下地もこの畑仕事を通して得たものだ。
ちなみに、アイダホの土地で作ったジャガイモは最高である。
話がそれてしまったね、元に戻そう。
私が畑仕事に精を出していると、妻が大慌てで走りよってきた。

「貴方!! 日本のプロ野球から連絡があったわ!!」

このときの妻の笑顔は一生忘れる事は無いだろう。
まだプロにもなっていない私が何故日本野球界の目に留まったのかは定かではないが
この話はありがたかった。
しかし、私にはこの話を両手話で喜べない理由がある。
それは、妻と息子だ。

○月△日
妻と息子をおいて遠い地へ赴くというのは、家庭を大事にしている私にとっては苦渋の選択だった。
悩みに悩んだ末、私はこの話を諦めようと思ったのだが

「日本の野球といえばWBC2連覇を果たしているのよ? 向こうで活躍できたらMLBからお誘いがあるかも知れないじゃない」

どうやら、妻は私にこの話を受けて欲しいらしい。
妻の言う様に日本のレベルは侮れない。
MLBでもICHIROやMATSUZAKA、IWAMURA、MATSUIと日本人が活躍している。
その中でも阪神タイガースから来たIGAWAは最高だね。
また、話が逸れてしまったようだ。
話を戻して、もしかしてついてきてくれるのだろうか、そんな気持ちで私は妻に問いかける。

「一緒に来てくれるかい?」

「嫌よ」

即答だった。

○月□日
「おとーさん、日本に行っちゃうの?」

私の可愛い可愛い一人息子が朝食を食べているとそう言った。
この時、私の中では既に決心が固まっていたのでこう答える。

「あぁ、お父さんは日本へ行く。母さんを頼むぞ」

いつの間にか大きくなった息子は悲しむ様子は無かった。
きっと私の夢を応援してくれているのだろう、そう思うと少し息子に対して申し訳なく感じてしまう。

「やったー!! ママー!! パパは日本に行くって!! これでもうパパに内緒じゃなくて堂々とジョーイおじさんと一緒に遊べるよっ」

そう思ったのもつかの間、息子は嬉々として妻のいるキッチンへそう言いながら走っていった。
ちなみに、ジョーイというのは隣近所に住む男で、ヒッピーのような姿格好をしている。
私はジョーイを余り好きではない。
一瞬、妻とジョーイの浮気を疑ったが、そんな事はありえない。一瞬でも妻を疑った自分が恨めしい。
そういえば最近、私の息子がジョーイに似て来ているようにも思えるが……気のせいだと思いたい。

○月●日
日本へと旅立つ日、私は空港に一人だった。
なんでも、早朝に義父が倒れたと妻に連絡があったとのことで
妻と子は妻の実家へと行ってしまった。少し寂しいが仕方が無い。
私は空港のロビーで私、妻、子の三人で写っている写真をシャツの胸ポケットへと仕舞い込み日本へと向かう。
私に声をかけてくれた日本のチームは横浜ベイスターズ。
何でも10年ほど前はマシンガン打線という物騒な名前を持つほどの強豪チームだったそうだ。
私は興奮を胸に日本で成功を収めてみせるとそう決めた。

-------------------------------ここまで挨拶-------------------------------

そんなA.オリゼーですが勝ち星に恵まれず1勝3敗。
現実は悲しいですな!! 自責点はそんなに多くないんですけどねー
中継ぎにゲームを壊される事何回だろう。
とりあえず連敗は13で止まりました。
頼るべくはコバフトさんでした。
藤江と佐藤ショーマ君がもう少しで覚醒しそうなので、そうすれば少しは楽になるかなぁ……
とりあえず、阿斗里はアカンかった。

さて、レッスルクライマックスがもう少しっつーことで
明日辺りに、お知らせで掲載はしていますが色々とまた告知をさせて頂こうとおもっちょります。
値段とかも公表しておかないとねーとか、新しい情報事態はそんなにないのですが
宜しくお願いしますですハイ。

【拍手コメントレス】
オリゼーしゃんオリゼーしゃん、ええんよ? 素敵な抑え外国人投手獲得しちゃっていいのよ?
先発がゲームをつくって中継ぎがゲームを壊し抑えがベンチを暖める。
そんな現状のチームに素敵な抑えがいても……いてもっ!!

んー、まぁジョンソンはねぇ…
年俸5000万程度ならその選択肢もあったでしょうけど、1億円超ですからねぇ
それなら3Aでイキのいいの探してこようぜって話になるでしょうし
まぁ、今の横浜にイキのいい外国人選手獲ってこれる予感はしないんですけどもw

ですよねー一億払っておいて一年目でこれだとやっぱり駄目ですよねー……
しかも結構ボール見すぎてバット振るの忘れてる時ありますし(笑)
嫌いじゃないので、まだ日本で見てみたい選手なのですが
どこか安くてもいいから拾わないかなぁ、まぁ無理でしょうけど
はてさて来年はどんな面白助っ人外国人が来る事やら……
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。