FC2ブログ

垂れ流し式

キミのハートにレヴォリューションッ☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動画にまみれろ

【故障リスト】



股関節←NEW

一体、自分の体に何がおころうとしてるんです?
さて、そんな体はさておき
プロ野球のオープン戦も日程を順調に消化してきました。

横浜ベイスターズ自体の勝敗は切ないものがありますが
スレッジ、村田と少しずつではありますが開幕に向けてエンジンがかかってきたかなーと
野中がここにきて猛アピールとか嬉しい誤算もあったり
吉村、内川も調整が上手くいっている気配。
後は上手く打線がかみ合えばーって言うのはマシンガン打線と呼ばれなくなってから
ベイスターズの毎年の課題といえば課題なんですけれども、今年こそはマシンガン打線復活と行きましょう。

投手に関しては三浦、清水あたりは打たれながらも上手く抑えているようで
まぁ、もうベテランの域である二人に調整の心配ってのは然程ありません。安心もしてないですけど。
次期エースと名高い寺原が微妙に出遅れている気がしないでも無いのですが
なにより山口がダメっすな……なんとか、なんとか開幕までに調子を上げてもらいたいもんです。

スレッジ、ランドルフ、カスティーヨは結構期待できそうな予感。
ブーチェックも意外とやれそうですし、今年の助っ人外国人はもしかしたらもしかする。
ローズ、クルーンとまでは行かずとも、ベイスターズの躍進の為に頑張って欲しいもんです。

さて、野球の話題もそこそこに今日もSVR2010動画にまみれてもらいます。
連載中の作品の更新も近日中に出来そうです。
楽しみにして頂けている方には申し訳ないですが、もう少しだけお待ちくださいな。
大人の事情っつーもんがありましてん。

今日はナスターシャ・ハン、寿零、楠木悠里、斉藤彰子の四人です。
【続きを読む】からどぞー






まずはナスターシャ・ハン。

シグネチャー
背面グロッキーからハーフネルソンスープレックス
正面グロッキーから河津落とし&脇固め

フィニッシャー
正面グロッキーからアームロック
下半身うつ伏せからリーガルストレッチ

南、ハンと作って見てガチ関節キャラはSVR2010では表現しきれないと思った。
シグネチャーにSTFでも入れてあげようと思ったんですけど
それをやるとハンがゴミクズの様に弱くなってしまうという。
まぁその分通常技に大技を入れてあげればいいんでしょうけども
ハン自体そこまで大技使うキャラとも思えんのですよねー
裏投げとリストクラッチエクスプロイダーは持たせましたが
後は河津落としとかサンボで使われてるような技に見えるような地味で痛い技を持たせてます。
でも、このゲーム地味で痛い技って地味で威力もそんなに無いんですよね。
ちなみに、四つのうちフィニッシャーのアームロックしかギブアップ取れません。
シグネチャーの河津&脇固めとフィニッシャーのリーガルストレッチで
部分ダメージを根こそぎ取ってから普通の関節技で苛めるのがいいと思われる。





お次は寿零。

シグネチャー
背面グロッキーからジャーマンスープレックス
コーナー正面ダウンからボクシングコーナーボディーブロー

フィニッシャー
正面グロッキーからボクシングストレートパンチ
正面グロッキーからハイインパクトアッパーカット

オール打撃なキャラクターにしようとしたんですが
それはそれでつまらないって事でシグネチャーのジャーマンのほかに
通常技でダブルアームとかベリートゥベリーやらDDTとある程度はプロレス技を持たせてます。
お姉ちゃんかミミさんに習ったと妄想してやってください。
シグネチャーのボクシングコーナーボディーブローからフィニッシャーの二つお好きな方どちらにもつながります。
もともとコーナーボディーではなく正面グロッキーのボクシングフックコンビネーションでやろうとしてたんですが
いかんせん相手のピヨリ時間が少なくてフィニッシャーに繋がらないという結果が待っていました。
が、逆にコーナーボディーのほうが相手を追い詰めている感があってよかったのかもしれない。





三人目は楠木悠里。

シグネチャー
正面グロッキーからスウィングサイドウォークスラム
アイリッシュウィップリバウンドからリバースアトミックドロップ

フィニッシャー
正面グロッキーからペティグリー
ダッシュからクローズラインフロムヘル

七裏さんの楠木ノートで次世代の大型レスラーって情報を元に
大味なレスラー的な技を持たせてます。
フィニッシャーのクローズラインのほかに通常でウェスタンラリアットをつけてみた。
実際のところ必殺技の名前からしてアックスボンバーかもしれんですが
ラリアットの強いレスラーとなるとホーガンよりハンセンなわけで
楠木自体がウェスタンキャラでもあったりでウェスタンラリアットのほうが落ち着くっていうかー
で、フィニッシャーのダッシュからのクローズラインですがめちゃくちゃ当て難いです。
ロープに走らず直接相手に向って走って出すなら問題ないんですけど
ロープに走ると軸がズレて空振りしたりと、走りだすポジションを考えないと当たりません。
まぁでもキャラ設定でなかなか出すこと出来ない不器用な子って意味を踏まえれば納得なのかもしれません。
動画でのシグネチャーのアトミックからフィニッシャーのクローズラインですが
本当はロープに一度走ってからのほうが見栄えがいいんですけど
どうしてもロープに走ると相手のピヨリが解けてしまうので直接ダッシュから出してます。
ただ、対人戦でなおかつプロレスをしてくれる人ならロープに走ってからでもきっと食らってくれるはず。





ラストは斉藤(?)さん。

シグネチャー
正面グロッキーからスピニングラウンドホースキック
正面グロッキーからバズソーラッシュ

フィニッシャー
上半身うつ伏せから葉隠れ
上半身仰向けからバズソーキック

寿よりも打撃キャラ。
多分DDTとブレーンバスターくらいしか持たせてないです。
ミミさんからとりあえずこれ覚えてれば何とかなるからって言われて必死に覚えたんだと思う。
残念なことに空手っぽい技で一撃必殺に見えるのがバズソーキックだけという切ない仕様。
動画でいう0:45~のコンビネーションを飛燕脚と思ってもらえればー
内わけは通常技のバズソークイックキック→シグネチャーのスピニングキック→フィニッシャー葉隠れ
ただ、通常技のバズソークイックキックはもたもたしてると相手がダウンしてしまうので
倒れる前にシグネチャーを出さないといけない制限付きではあります。
問題は空手のコンビネーションに見えないという所。
そこはあれ、ビンスにサイトゥーさんの空手はガチ過ぎて地味だから派手にしないとクビねって言われて
必死に頑張った結果がコレって妄想でどうか一つ。
胴着の前開けたり、コンビネーション考えたり、大変そうです。
それもこれもミミさんをマッチョなおじさん達から守る為。頑張れ斉藤さん。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。